年齢によるお肌の質の変化について

昔から、40歳を過ぎると身体の不調やお肌のトラブルがでてくるよ、という先輩たちの話を聞いてはいたが、健康には気を使っていてサプリメントを飲んだり、お肌のお手入れを毎日していたりしたから、まさか私も先輩たちのように色々なトラブルがでてくるとは思いませんでした。

しかし、41歳の誕生日を過ぎてから、突然その日がやってきたのです。まず、唇に口紅をつけると痛く感じました。そして、腫れ上がったのです。それはびっくり!

急いで皮膚科へ行きましたが、その時の診察結果は「何かにかぶれたのかもね」という医師の答えでした。しかしその次には、肌の乾燥がひどくなって、どの化粧品もつけることができなくなってしまったのです。

まず行うこととして、使っていた化粧品をすべて敏感肌用の化粧品にチェンジすることにしました。でも気に入ったものになかなか出会うことができなかったですね。敏感肌用の化粧品は金額が高いものが多く、長く使い続けるには負担が大きい・・・肌に良いものと言っても続けることができなければ意味がないですからね。そして、「また合わなかったらどうしよう」という不安がいつもありました。

しかし探しているうちに良い製品に巡り合うことができました。ネット広告で見た通販のアンチエイジング対策化粧品を取り寄せて使ってみると、とても調子がよくなったのです。金額もお手頃でした。これなら、長く使い続けることができる、と思いました。

しかしなぜ急に肌がかぶれるようになったのでしょうね。考えられるのはやはり加齢でしょうか。私自身、40歳を過ぎていた現実を忘れていたことに問題があるのかもしれないと思いました。

いつまでも若くないのだな、と現実を知ることになったことが非常にショックではあったが、それをきっかけにスキンケアに気を払うようになりました。いつまでも若いころのように思ってても肌年齢は確実に老いていっているということでしょう。

肌のたるみにしてもそうです。思い込みではなくて、観察を重ねて実情に合ったケアをすべきなのですよね。そう思い、今は丁寧にスキンケアをするようになっています。